平成学園の特徴

平成学園の特徴

平成学園の特徴

平成学園の特徴

学校の形態について

本校は単位制の通信制!

全日制と同じように週5日の時間割
週1日でも週2でもOK!選べる時間割です。勿論、毎日通うことも可能です。
授業は本校のみ
水戸駅からは無料のスクールバスを1日10本運行しています。
進路指導の徹底
生徒一人ひとりに親身になって対応しています。「卒業は目標、目的はその先・・・」です。
盛り沢山の行事
宿泊ディズニー、スノーボード実習等楽しいイベントが盛り沢山です。参加は全て自由です。

高校卒業資格の3要件

通信制高校を卒業するには?3つの要件をクリアすることが条件!

修業年数(在籍期間)=3年以上
転・編入学の場合、前籍校の在籍期間は加算されます。
科目修得=合計74単位以上
転・編入学の場合、前籍校の在籍期間は加算されます。
特別活動=合計30時間以上
※特別活動とは、ホームルームや儀式的な行事(入学式や卒業式など)、文化祭、体験学習などです。

本校の特色

オンリーワンの通信制を目指して!

「高等学校のイメージは?」と聞かれて、みなさんがイメージするのは「全日制課程」で「学年制」の学校でしょう。その学校は、主に昼間6時間程度の授業を毎日行う、中学校と同じような教育課程の学校だと思います。
水戸平成学園高等学校は、「通信制課程」で「単位制」の形態をとっています。「全日制」であろうと「通信制」であろうと、卒業資格を得るための修得単位数は74単位以上であり、資格そのものは何ら変わりません。では、一体何が違うのでしょうか?
大きく違う点は単位の修得方法にあります。通信制の場合、㊟面接指導(スクーリング=授業)と添削指導(レポート=課題)を中心に単位を修得します。全日制が毎日授業を行うのに対し、通信制の授業が極端に少なく、毎日受ける必要がない理由はそこにあります。
このようにスクーリングを受ける回数が少ないことが「通信制課程」の大きな特徴のひとつですが、ともすれば人との関わりが希薄になるというデメリットもあります。だから、本校では毎日学校に通いたい、授業を受けたいという生徒のため、全日制と同じような時間割を組んでいます。学習センターを持たない本校のみの運営だからこそ出来ることなのです。
水戸平成学園高等学校は、オンリーワンの通信制を目指し、夢を求め直向きに努力する生徒を教職員全員で応援します。