校長より生徒の皆さんへ【第8回】

校長より生徒の皆さんへ【第8回】

在校生の方へ

在校生の方へ

学校から在校生の皆さまへのお知らせを掲載します。

  • 2022年5月4日(水) [NEW]

    校長より生徒の皆さんへ【第8回】

    おはようございます。
    校長から生徒の皆さんへ、第8回目の言葉です。

     

    5月4日(水)

     

    今月5日(明日)で春休みは終わりです。6日からはスクーリング(対面授業)が始まります。元気な皆さんと会えるのが楽しみです。

    春休みを何か物足りない思いで過ごした人は、気持ちを切り替えて、新学期に臨みましょう。過ぎ去ったことは取り返せないのですから、すっぱり忘れて、これから頑張ればいいのです。

     

     

    「脱三日坊主、なぜ行動は続かないのか」

     「今まで始めたことは全部続いている」という人はめったにいないであろう。大半の人は、始めてはみたものの、続けられずにやめてしまったという、三日坊主の経験が一度や二度はあるのではないか。

    物事が続かない理由は、二つだろう。1)そもそもやり方がわからない。2)やり方はわかっているが続け方を知らない、といういずれかのケースだ。

    ダイエット正攻法や英語学習法など、いわゆるハウツー本やインターネットがある現在、1)のやり方はある程度解明されている。さまざまな方法の中から、自分に合ったやり方を一つ選択すればいいのだから。

    しかし、「絶対に成功する方法」を知っていても、実際に行動しないことには効果が出るはずはない。本も買ったし、道具も揃えたのに続かない。それこそ、2)の「続け方」を知らなかったことが原因なのだ。

    それでは、どのようにしたら続けることができるのだろうか。今まで物事が続かなかったとき、「私は意志が弱いから」「飽きっぽいから」と意志や根気のせいにしたことはなかったか。しかし、継続することに意志の強さ・弱さは関係ない。目に見えない「意志」ではなく、目に見える「行動」に着目すれば、続けることは容易くなる。

    これは、「行動科学」という人間のさまざまな行動を観察・分析して、共通する原理を探求することを目的とした学問から導き出された考え方である。

    そのために大切なことは頑張り過ぎないことである。「毎日勉強もするし、運動もするし、食事制限もする」「明日からゲームはすっぱりやめる」では、すぐに辛くなってしまうだろう。

    だから、まずは「週に一度、近所をウォーキングする」「ゲームの回数をだんだん減らす」など、無理のない目標を設定すること肝心なのだ。

    急激な変化は定着しないが、行動は三カ月続けると習慣になるという。最初は甘すぎるくらいの目標設定でも、少しずつクリアしていくことで自信がついてくるのだ。無理せず、ラクに楽しくが、続けるための秘訣なのだ。

    校長 中村三喜

     

  • 2022年3月11日(金)

    春休みを迎えるにあたって

    3月11日(金)

     

    生徒の皆さんへ

     

    「春休みを迎えるにあたって」

     

    明日から実質春休みに入ります。

    コロナウイルス感染問題は既に2年を超えていますが、未だに収束の見通しが立っておりません。しかも茨城県内は連日千人前後の感染者が出ております。

    この状況下で私たちにできることは、基本的な感染防止策を徹底することです。マスク、消毒、手洗い、大声を出さない、換気、適度な距離をとるなどを忘れず、誰もが気をつけてください。

     

    皆さんは、この春休み中の4月から新3年生、2年生に進級します。また、新1年生が入学してきます。それだけに、この春休み中に、これまでを振り返り、これからを思い描いてみてはどうでしょう。何か足りなかったことがあったなら反省し、新たな決意をするのもいいと思います。

     

    今日3月11日は、11年前に東日本大震災が起きた日です。皆さんがまだ幼小の時です。お父さん、お母さん、お兄さん、お姉さんから当時の様子を聞いてみて、未だにその傷跡が残る被災地や被災者の皆さんへ思いを馳せることも大事なことではないかと思います。

     

    そして、この春休み中、ちょっと休憩したくなる週半ばの水曜日に、このコーナーを利用して、私から皆さん宛に一文を送りますので読んでみてください。元気が出ると思います。

     

    春休みは長めの休み期間になります。誰もが意義ある春休みとなるよう期待しています。

    校長 中村三喜

  • 2022年2月17日(木)

    進路セミナー延期のお知らせ

    保護者の皆様へ

    生徒の皆さんへ

    20217

    水戸平成学園高等学校

    校長 中村三喜

    「第3回進路セミナー延期のお知らせ」

     

     平素より本校の教育にご理解ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

     さて、皆様すでにご承知の通り、2月15日の茨城県知事の記者会見、同16日の新聞各紙記事によりますと、茨城県は、2月20日を期限に発令されている、新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の延長を国に要請するとのことです。対象期間は2月21日~3月6日までとなるようです。

     

     また、オミクロン株の感染では、無症状・無自覚の方からの感染も数多く確認されているとの報道もあります。

     

     つきましては、皆様の安心・安全を最優先に考え、2月25日(金)に予定しております進路セミナーは延期することが最も妥当との判断に至りました。

     

     多くの皆様の参加が予定されており誠に残念ですが、会場の都合、講師の先生方への負担等々も含め重ねて検討した結果、決定をこれ以上先送りすることは無理があり、本日延期のご連絡をさせて頂きました。

     

     何卒、事情ご賢察の上、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

     なお、延期に伴う詳細な内容等につきましては、決まり次第ご連絡いたします。

     

学習管理システムはこちら